日本正式発売されていない東芝のChromebookは、フルHDDの高性能Chromebook!Chromebook2はamazonで購入可能!

スポンサーリンク

===ここから本文です===

日本国内のメーカーでChromebookを出しているメーカーは現在ありません。しかし、アメリカ東芝がChromebookを販売しており、amazonで並行輸入品として販売をしています。

東芝 Toshiba Chromebook 2 クロームブック CB35-B3340 と CB35-B3330

toshiba02

東芝から現在発売されているのは2種類です。上位モデルのCB35-B3340 と下位モデルのCB35-B3330の2種類です。2015年1月3日現在、上位モデルのCB35-B3340は56800円、下位モデルのCB35-B3330は39800円と他のメーカーに比べて高いと言えます。アメリカなら、上位モデル329.99ドルなので4万円くらいなのですが、それよりも3万円近く高いというのはしょうがないのですかね。

間違ったスペック 記憶装置はSSDではなくeMMCです!

amazonのスペックでは記憶装置がSSDになっていますが、これは間違いです。本当はeMMCになっているので注意して下さい。アメリカ東芝のサイトでは、「16GB solid state flash memory」と書かれているので、SSDと勘違いされているようですが、厳密には、16GB solid state flash memory (eMMC)と書かれており、eMMCである事が解ります。

CB35-B3340 と CB35-B3330の違い

上位モデルと下位モデルの違いで重要なのは2つです。1つは、上位モデルがメモリ4GB、下位モデルがメモリ2GBとなっています。

そしても1つが、液晶の解像度です。上位モデルのCB35-B3340はフルHDなので1920☓1080ピクセルとなっています。ただ13.3インチでこの解像度は正直細かすぎると言えます。この辺り、MacBook Airの13インチと同じ1440 x 900ピクセルにしても良かったのでは?と思います。下位モデルのCB35-B3330は普通にWXGAで1366☓768ピクセルとなっています。細かい点の違いは他にもありますが、この2つだけの比較で概ね問題ないと思います。

toshiba03
toshiba04

重さが1.3kgとなっており、ASUS Chromebook C300MAよりも若干軽くなっているようです。

並行輸入のため英語だけかと思いきや、日本語キーボードに設定も出来るそうなので、日本語環境でも使えるそうです。ASUSやAcer、HP、DELLといったメーカーではなく日本メーカー(厳密には少し異なりますが)のChromebookが欲しい!という場合は良いのかもしれません。

個人的にはフルHDというのは非常に惹かれる部分もあるのですが、ASUSのC300MAが約3万円と考えればそれよりも25000円高い東芝は必要ないかな?と思います。日本の東芝から正式に発売してくれて値段も4万円以内なら考えますけどね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 1月 24日

ピックアップ記事

  1. Chromebookマーク
    Chromebookで写真を取り込み、ブログ等にアップしたい場合画像サイズの大きさがネックになります…
  2. Chromebook ASUS C300MAにSDカードを差し込んだ
    久しぶりにChroembookの売筋はどうなっているのか調べてみました。 と言っても価格コムで…
  3. Acerから新しいChromebookの発売が発表されていましたね。 Acer Chrom…
  4. Gmail
    Chromebookと言えば、普通にGmailを使うものという先入観がありますが、仕事等ではどうして…
  5. Chromebookマーク
    Chromebookに関する書籍はまだまだ少ないのですが、新たにビジネス向けにChromebookを…

情報CatchUp

  1. 僕は今千葉県の東京よりに住んでいますが週に1度くらいの頻度で都内に行っています。その時Chromeb…
  2. Adblock Plus
    Chromebookを持って外でブラウジングを楽しむ場合、ポケットルーターや公衆の無線LAN等を利用…
  3. ロジクール ワイヤレスマウス m235
    Chroembook ASUS C300MAを使っていますが、マウスパッドが今ひとつ使いにくい。そこ…
ページ上部へ戻る