Chromebook C300MA 初フリーズ!Chromebookでも重たいファイルを扱えば固まります。

先日書いたデジカメのRAWファイルを現像するためのアプリ「Polarr」

これで何枚かのRAWファイルを開いて編集をしていたのですが、Chromebookがフリーズしました!Chromebookもフリーズするものですね。

polarr02

重たいファイルを扱えば当然Chromebookでも固まる

当たり前と言えば、当たり前ですが、Chromebookと言えども重たいファイルを扱えばメモリ不足が発生して固まります。今回は固まったと言ってもカーソルを動かしても動かない状態になって1分くらいで回復しましたが。RAWファイルのように1つで10MBを超えるデータを2~3つ同時にPolarrに登録をすれば、かなりメモリを消費する事が身を持ってよく解りました。今回はフリーズから回復しましたが、回復しない場合は電源OFFで問題ないのか少し不安になりました。いつかフリーズさせて電源OFFにして試してみたいと思います。

Chromebookでファイルサイズが大きいファイルを扱うなら4GBモデルを!

元々、Chrome OS自体が非常に軽いOSなので、メモリも2GBもあれば十分だろうと思っていましたが、やはりRAWファイル等の重たいファイルを扱うのであれば4GBモデルのChromebookを購入すべきですね。これからChromebookがもっと売れていけばいろんなアプリも出てきてもっと重たいファイルを扱う事も増えてくると思いますので、メモリは8GBとか必要になってくる可能性も出てきますね。

eMMCではなく大容量SSD化も必要になる可能性も

例えば、デジカメのメモリカードが今よりも高額だった時代、旅行にデジカメを持っていくと夜のうちに撮影したファイルをノートパソコンのHDDに移してからメモリカードのデータを消去して使っていた方もいると思います。同じような使い方を考えるとやはりChromebookでも大容量のストレージは欲しいと思いました。HDDではせっかくの高速起動が遅くなってしまいますので、大容量のSSD(出来れば256GB以上)を搭載したChromebookもあれば便利だと思います。またEye-Fi等をデジカメに入れて、撮影したファイルをChromebookにそのまま転送するなんて事も行うようになれば、大容量のSSDがあれば非常に便利だと思いました。

今使っているChromebook C300MAは2GBのメモリにeMMCが16GBとなっているので、本格的にデジカメの編集やストレージ代わりに使おうとすればスペック不足であると思いました。でも、元々まだそういう使い方を想定していない部分があるので、それはしょうがないとは思いますが1年後2年後にはかなり変わっていく可能性もあると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする